地球規模で深刻化する海洋ごみの削減に向け、
富山モデルの対策が世界中で取り組まれる日が来るかもしれません。
「海と日本プロジェクト」や包括的な海洋ごみ対策
「CHANGE FOR THE BLUE」を進める日本財団が
全国の自治体に先駆けて富山市と海洋ごみ対策のモデルづくりを始めます。

富山市・町内一斉ごみ拾い

実施期間 9月6日(月)~9月26日(日)
清掃箇所 町内周辺(富山市内)
ご参加方法 町内単位でお申し込みください。
海洋ごみ対策のモデルをつくる共同事業とは…?

支流や用水路での網場設置に向けた調査や、神通川、常願寺川などでのごみ流出メカニズム調査を行います。

市民一人一人が海洋ごみ問題を自分事化し、問題意識を共有するために、 小学校での授業や、啓発サインの設置などを行います。

海洋ごみ問題への意識を高めるため、富山市民による海岸や河川でのごみ拾いや、プロスポーツチームとの連携などを実施します。

一人ひとりの力で“海ごみゼロ”へ