2019.11.1

【レポート】富山のプロスポーツチームと「海洋ごみ削減」における様々な連携事業を実施しました。

富山市×日本財団と海洋ごみ対策に係る連携協力協定における、3つの柱(①調査・分析、②教育・啓発、➂行動・実施)の下、➂行動・実施に関する取組みの一環として、富山のプロスポーツチームと「海洋ごみ削減」における様々な連携事業を実施いたしました。
 
① J3プロサッカーチーム「カターレ富山」との連携事業
J3プロサッカーリーグ所属「カターレ富山」は、海洋ごみ削減に向けた取組みを進めるべく特定非営利活動法人海さくらが全国で展開する「LEADS TO THE OCEAN ~海につづくプロジェクト~」に参加することを表明し、6月29日(土)に富山県総合運動公園陸上競技場で行われたホームゲーム「CHANGE FOR THE BLUEin富山スペシャルマッチ」で、海洋ごみ削減宣言を行いました。
 
【海洋ごみ削減宣言】 
馬渡 隼暉 選手
「海は、私たちの生活に様々な恵みを与えてくれています。
その海が汚れると、富山湾のおいしい魚も食べることができなくなるかもしれません。
また富山湾は、世界で44湾しかない「世界で最も美しい湾クラブ」にも加盟しています。富山湾は、富山県が世界に誇る海です!カターレ富山では、毎試合スタジアムでゴミ拾いをすることを宣言し、美しい富山湾にゴミは行かせません!
ファン・サポーターの皆様も、ご協力お願いいたします。」
 
 当日会場では、大型ビジョンで海洋ごみ削減啓発動画の上映や、試合後、選手と一緒
にスタジアム周辺の清掃活動を実施するなど、選手・スタッフ・サポーターが一丸となり、
海洋ごみ削減にむけて、様々な取り組みが行われました。

②プロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」との連携事業
10月19日(土)富山市総合体育館で行われたホームゲーム・大阪エヴェッサ戦で、
CHANGE FOR THE BLUE 特別マッチが行われました。
当日会場では、海洋ごみ削減の啓発を目的に、①ビジョンでの動画上映②選手の海洋
ごみ削減宣言③動画上映ブースの設置などを実施した他、選手、ブースターと一緒に、市総合体育館周辺のごみ拾いイベントも実施しました。
 
【海洋ごみ削減宣言】
阿部 友和選手
「富山湾は、富山県が世界に誇る海です!
海洋ごみで汚されていない、美しい海を未来に繋げていくために
我々は行動を開始します!
富山グラウジーズでは、美しい富山湾にゴミを行かせないため、
日常から可能な限りゴミを出さないよう
選手・スタッフ一同努めてまいります。
ブースターの皆様も、私たちと一緒に美しい富山湾を目指し、行動しましょう!」
 
富山グラウジーズは、ホームゲームの会場にごみを分別するエコステーションが設置されることになりました。


夏には、カターレ富山、富山グラウジーズの選手・スタッフ・サポーター・ボランティアと一緒に、富山市岩瀬浜海岸の一斉清掃活動も実施しました。全員が一丸となって、海洋ごみ削減に向けた活動となったことを感謝申し上げます。 
 


J3プロサッカーチーム「カターレ富山」との連携事業

J3プロサッカーチーム「カターレ富山」との連携事業

B.LEAGUEプロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」との連携事業

B.LEAGUEプロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」との連携事業

B.LEAGUEプロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」との連携事業

B.LEAGUEプロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」との連携事業

カターレ富山、富山グラウジーズによる富山市岩瀬浜海岸の一斉清掃活動

カターレ富山、富山グラウジーズによる富山市岩瀬浜海岸の一斉清掃活動